長者原げんき保育園

よくある質問

企業主導型保育園とは何ですか?

内閣府が仕事と子育ての両立にむけ推進している事業です。一言で表すと、「企業(会社)が作り、運営する保育園」で、提携企業にお勤めのお子さんをお預かりするとともに、一部地域住民のお子さんもお預かりします。認可外保育園ですが、認可保育園と同等の設置基準による設備・職員配置・運営なので、保護者の方は安心して預けることができます。

長者原げんき保育園の名前の由来は?

「元気(げんき)」という言葉は、普段から、
「元気?」 とか「元気出してね。」と普段なにげなく使っている言葉です。その漢字の由来は諸説ありますが、「元(もと)の気(き)」と書き、「人間本来が持っている生きるチカラ」を意味しています。

私たちは、「子供たちはそれぞれ個性を持って生まれてきており、それを最大限に伸ばし、元気に生きていけるようにしたい」との想いがあります。
そして、この長者原(ちょうじゃばる)の地域と一体となって元気を生み出す場にしたいという想いもこめて、
「長者原げんき保育園」と名づけました。

今回、なぜ福岡で開園するのか?
の想い

福岡市に隣接する粕屋町は、多くのお父さん、お母さんが住むのに人気の街ですが、その一方で、保育園が慢性的に足りておりません。今回、九州出身の社会福祉法人として、内閣府の児童育成チームより、粕屋町での事業展開のお声がけをいただき、地域のお父さん、お母さん、子供たちのためになればと思い、開園させていただきました。

一時保育もやっていますか?

事前予約制で実施予定です。詳細が決まりましたら、お知らせいたします。